• 田村 一也

「高度外国人財とつくる新しいダイバーシティートランスフォーメーション戦略」オンラインセミナー開催

いよいよ今週11/24(木)開催となりました。

「高度外国人財とつくる新しいダイバーシティートランスフォーメーション戦略」

<こんな方におすすめ> ・日本で長年活躍する外国人から見た多文化共生社会日本をつくるうえで必要なことを聞きたい方 ・日本で不足するITエンジニアを外国人材で補完する場合に、どのような取り組みが必要か知りたい方 ・海外からの外国人材の受け入れにおいて、どのような流れで進めたらよいか知りたい方 ・日本国内の外国人材の現状について、直近のトレンドを聞きたい方

「高度外国人財とつくる新しいダイバーシティートランスフォーメーション戦略」 【日時】11/24(木)16:00〜18:00 【実施方法】オンライン(zoom) 【参加費】無料 【詳細&お申し込み】下記URLより専用ページをご確認ください。

https://reserve.peraichi.com/r/5bf49fd4

なお、講演内容はイベントページをご覧いただくとわかりますが、

https://uhjsu.hp.peraichi.com/koudogaikokujinzai

"パネルディスカッションでは何を取り上げるのか?"

ということで、予定しているトピックを共有します。


■外国人採用における日本国内採用と海外採用の違い

■日本語レベルが発展途上の外国人材の日本語力をどう伸ばすか

■外国人材の採用後の定着をどのように図るか

というような内容をお話しすることになる予定です。


お気軽にご参加くださいませ。

関連記事

すべて表示

前の記事で、海外にも日本語力が高い人材、N1取得者はいることを記載しました。 実際、外国人の転職支援をしていると、日本在住経験がない(正規留学や就業経験がない)外国人の方とお会いすることもあります。 ちなみに、海外在住者でN1取得者が多いのは、中国を中心に漢字圏出身者、または韓国になると思われます。 2021年12月実施の受験データを確認すると、N1受験者数が多い国は次の通りです。 【韓国】12,